« 2位入賞マッサ(フェラーリ)、「フライング」もお咎めなし!? | トップページ | レッドブル代表、「チームがグロージャン管理すべき」 »

2012/10/09

マルドナド(ウィリアムズ)、母国大統領選結果に安堵

Pastor Maldonado (C)Williams F1
拡大します
7日(日)投票が行われた南米ベネズエラの大統領選挙で現職のチャベス大統領の再選が確定。
これをF1で一番喜んでいるのがウィリアムズ・チームのパストール・マルドナドだ。

マルドナドはチームにベネズエラの国営石油会社である『PDVSA』により巨額支援をもたらすなど現政府との関係が深く、もしもこの選挙で与野党が入れ替わるようなことがあると、マルドナドのF1生命にも影響しかねない状況とみられたからだ。

同社からウィリアムズ・チームへのスポンサー額は年間約37億円にも上がるとみられていて、これにより来季もマルドナドがF1に残留する可能性が大きく高まったといえそうだ。

|

« 2位入賞マッサ(フェラーリ)、「フライング」もお咎めなし!? | トップページ | レッドブル代表、「チームがグロージャン管理すべき」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55850082

この記事へのトラックバック一覧です: マルドナド(ウィリアムズ)、母国大統領選結果に安堵:

« 2位入賞マッサ(フェラーリ)、「フライング」もお咎めなし!? | トップページ | レッドブル代表、「チームがグロージャン管理すべき」 »