« 英『タイムズ』紙、韓国GPを酷評 | トップページ | モニシャ・カルテンボーン/CEO、ザウバー・チーム代表に »

2012/10/12

マリア・デ・ビロタ嬢、事故後初会見に臨む

Maria de Villota (C)Marussia F1 Team
今年7月、マルシアF1チームのプライベート・テストでクラッシュ、大怪我を負ったマリア・デ・ビロタ嬢(32歳:スペイン)が、スペイン国内で事故後初となる記者会見に臨んだ。

同嬢この事故により頭蓋骨を骨折する重傷、またレースドライバーとしては致命的な右眼を失う障害を負うこととなったが、それでも元気な様子で会見に応じた。

担当医によれば、今後まだ頭蓋骨の回復手術を始めとする治療とさらなるリハビリテーションが必要とのことで、前途は容易ではない。

|

« 英『タイムズ』紙、韓国GPを酷評 | トップページ | モニシャ・カルテンボーン/CEO、ザウバー・チーム代表に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55871078

この記事へのトラックバック一覧です: マリア・デ・ビロタ嬢、事故後初会見に臨む:

« 英『タイムズ』紙、韓国GPを酷評 | トップページ | モニシャ・カルテンボーン/CEO、ザウバー・チーム代表に »