« タイヤマネージメントスキルが韓国でのベッテルの勝利を支える (ピレリ) | トップページ | 不評のグロージャン、それでもロータス残留濃厚 »

2012/10/16

ハミルトン(マクラーレン)、フェラーリと移籍交渉してた

Ferrari Prancing Horse (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今季限りでデビュー位ライコネン(ロータス)在籍していたマクラーレン・チームを離れ、来季はミハエル・シューマッハの後任としてメルセデスAMGチームへ移籍することが決まっているルイス・ハミルトン(27歳:イギリス)だが、実はフェラーリ・チームとも移籍交渉をしていたことが明らかになった。

これはスペインの『AS』紙が報じたもので、具体的な内容こそ明確にしていないものの、ハミルトンは彼のマネージャーがイタリアのチームと交渉したことを認めているという。
ただ本人は「どんなドライバーだってみんな跳ね馬チームでF1を戦うことを夢見ているよ」とも意に介していない模様だ。

実際には来季アロンソと誰が組むのか、そのドライバー・ラインナップはいまだに正式発表されていない。

|

« タイヤマネージメントスキルが韓国でのベッテルの勝利を支える (ピレリ) | トップページ | 不評のグロージャン、それでもロータス残留濃厚 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55901407

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン(マクラーレン)、フェラーリと移籍交渉してた:

« タイヤマネージメントスキルが韓国でのベッテルの勝利を支える (ピレリ) | トップページ | 不評のグロージャン、それでもロータス残留濃厚 »