« ザウバー・チーム現場責任者、「最終ラップはしびれた」 | トップページ | 鈴鹿でのタイヤ戦略がチャンピオンシップを大接戦に (ピレリ) »

2012/10/08

被害者ウェバー(レッドブル)、「グロージャンはクレイジー」

Romain Grosjean (C)Lotus F1 Team
拡大します
今回の日本GPでグロージャン(ロータス)の「特攻」の犠牲者になったのは、マーク・ウェバー(レッドブル)だった。

かねて他のドライバーから危険人物扱いされているグロージャンは、可夢偉が2位スタートだったベルギーGPのオープニングラップでも大暴れ。
多くの犠牲者を出して次のイタリアGP出走禁止という、最近にない重い処分を受けた。

しかし今回もやはりオープニングラップで大きな衝突事故を引き起こし、フロントロウからスタートしたウェバーのレースをフイにし、レース中に10秒間のストップ&ゴー・ペナルティを受けた。
これについてマシンを降りたウェバーは、「またやってくれた。
彼はクレージーだよ、まさにオープニングラップの狂人だ」と、吐き捨てている。

ちなみにグロージャンの担当エンジニアは日本の小松礼雄氏だが、コース上のドライビングまでは同氏にもコントロールの範囲を超えているようだ。

|

« ザウバー・チーム現場責任者、「最終ラップはしびれた」 | トップページ | 鈴鹿でのタイヤ戦略がチャンピオンシップを大接戦に (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55841193

この記事へのトラックバック一覧です: 被害者ウェバー(レッドブル)、「グロージャンはクレイジー」:

« ザウバー・チーム現場責任者、「最終ラップはしびれた」 | トップページ | 鈴鹿でのタイヤ戦略がチャンピオンシップを大接戦に (ピレリ) »