« FIA、韓国サーキットのDRSゾーン80m延長へ | トップページ | ホンダ、再びF1参戦に関心? »

2012/10/11

韓国GPのスチュワードには今年もマーティン・ドネリー氏

Martin Donnelly:Rear (C)Williams F1
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は今週行われる韓国GPのドライバー出身枠レーススチュワード(競技審査委員)に、元ロータス等のF1ドライバーであるマーティン・ドネリー氏(48歳:イギリス)を指名したことを明らかにした。
同氏がレーススチュワードに就くのは昨年の韓国GP、そして今年のカナダGPに続く通算3回目。

1989年にデレック・ワーウィックに代わりアロウズでF1デビューを果たしたドネリー氏は、翌年ロータス・チームに移籍してフルシーズンを戦ったが、チームメイトで国際F3000時代からのライバルだったジャン・アレジの活躍の影であまり存在感を示すことができなかった。
その後ヘレスのスペインGPでメカニカルトラブルによるアクシデントで瀕死の重傷を負い、F1現役を終えている。

|

« FIA、韓国サーキットのDRSゾーン80m延長へ | トップページ | ホンダ、再びF1参戦に関心? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55864639

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国GPのスチュワードには今年もマーティン・ドネリー氏:

« FIA、韓国サーキットのDRSゾーン80m延長へ | トップページ | ホンダ、再びF1参戦に関心? »