« レッドブル首脳、「レーサー・ベッテル」に嘆息 | トップページ | FIA、韓国サーキットのDRSゾーン80m延長へ »

2012/10/11

ロータス、グロージャンへのオブション権行使期限は韓国GP翌日

Romain Grosjean (C)Lotus F1 Team
拡大します
今シーズン、これまで15戦で実に9度目のアクシデントの当事者として他を圧する勢いのロマン・グロージャン(26歳:フランス)だが、ロータス・チームのエリック・ブイユ代表はその去就について明確にしていない。

今回「被害者」となったウェバー(レッドブル)は、「まず最初にグロージャンだけをスタートさせ、それから他の全員がスタートすることにしよう」との「ユニークな解決策」を提案したとされるが、強硬派からはイタリアGPに続き再び出走停止を求める声も聞かれる。

チーム関係者によればこれまで確実とみられたグロージャンに対するオブション権行使のタイムリミットは韓国決勝レース翌日の15日(月)であるというが、ブイユ代表は依然としてその心の中を他にみせていない。

|

« レッドブル首脳、「レーサー・ベッテル」に嘆息 | トップページ | FIA、韓国サーキットのDRSゾーン80m延長へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55864214

この記事へのトラックバック一覧です: ロータス、グロージャンへのオブション権行使期限は韓国GP翌日:

« レッドブル首脳、「レーサー・ベッテル」に嘆息 | トップページ | FIA、韓国サーキットのDRSゾーン80m延長へ »