« ロズベルグ(メルセデス)、「イコールでなければ受け入れない」 | トップページ | バトン(マクラーレン)、日本GPでグリッド降格ペナルティ »

2012/10/02

エクレストン氏、F1エンジン規定変更に難色も

Bernie Ecclestone (C)Renault F1 UK
拡大します
F1は2014年シーズンからエンジン規定が大幅に変更され、現行の「2.4リッターV型8気筒自然吸気」から「1.6リッターV型6気筒ターボ」へと移行することになっているが、フェラーリ・チームのファクトリーでそのエンジン音を聞いたとするエクレストン氏はご機嫌が麗しくないようだ。

フェラーリ総帥のルカ・モンテツェモロ社長と共にベンチテストに立ち会ったというエクレストン氏によれば、「新旧両方のエンジン音を聞いたが、新しいほうはとても聞くに堪えないお粗末なものだった。
これはモンテツェモロもまったく同様の感想だったよ」とのこと。

他の人間とは違いこれがF1をコントロールするエクレストン氏のこと、早くもエンジン規定の変更は先送りか見直されるのではないか、と周辺は戦々恐々としているという。

|

« ロズベルグ(メルセデス)、「イコールでなければ受け入れない」 | トップページ | バトン(マクラーレン)、日本GPでグリッド降格ペナルティ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55795570

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、F1エンジン規定変更に難色も:

« ロズベルグ(メルセデス)、「イコールでなければ受け入れない」 | トップページ | バトン(マクラーレン)、日本GPでグリッド降格ペナルティ »