« ギド・ガルデ(ケータハムF1)はコバライネンのマシン | トップページ | 日本GPのスチュワードにはデレック・ワーウィック氏 »

2012/10/04

今年の鈴鹿サーキットDRSゾーンは20m短縮へ

Casio Triangle (C)Ferrari S.p.A
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は、今週末行われる日本GP(鈴鹿サーキット)のDRSゾーンについて、昨年より短縮された位置になることを明らかにした。

それによればDRSゾーンの設定か所はこれまで通りメインストレートの1か所になるが、その使用区間のスタート位置は昨年より20m先の地点に移動され、その分短縮されることになる。
また計測地点は最終コーナー手前の名物シケイン「カシオトライアングル」の50m手前に設置される。

|

« ギド・ガルデ(ケータハムF1)はコバライネンのマシン | トップページ | 日本GPのスチュワードにはデレック・ワーウィック氏 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55809401

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の鈴鹿サーキットDRSゾーンは20m短縮へ:

« ギド・ガルデ(ケータハムF1)はコバライネンのマシン | トップページ | 日本GPのスチュワードにはデレック・ワーウィック氏 »