« シーズン中最も厳しいサーキットでタイヤマネージメントが重要に (ピレリ) | トップページ | マルドナド(ウィリアムズ)のシート左右するベネズエラ大統領選 »

2012/10/06

ロータス・チーム、新機軸のリヤウィング断念

Kimi Raikkonen (C)Lotus F1 Team
拡大します
今季、表彰台獲得を何回も繰り返しながらまだ勝利のないロータス・チームでは、日本GPにダブルDRSと呼ばれる新機軸のリヤウィング・システムの投入を断念した模様だ。

同チームでは、今回キミ・ライコネンのマシンに装着してテストしたとみられるが、5日(金)のフリー走行では長時間ピットガレージで作業を続けたまま結局グロージャンと同じスタンダードのものに戻したとみられる。

これについてライコネンは、「機能に期待は持てたんだけど、今日は「KERS」(運動エネルギー回収システム)のトラブルもあって使えなかった。
たぶん今回は予選や決勝レースにも使われないと思うけれど、元に戻してもグロージャンが6番手タイムを出しているくらいだから心配はしていない。
明日のフリー走行で今日の遅れを取り戻し、午後の予選に臨むよ」

復帰後初めて迎えた今シーズンの成績が2位3回・3位3回と、あとは優勝を目指すだけのライコネンだ。

|

« シーズン中最も厳しいサーキットでタイヤマネージメントが重要に (ピレリ) | トップページ | マルドナド(ウィリアムズ)のシート左右するベネズエラ大統領選 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55822984

この記事へのトラックバック一覧です: ロータス・チーム、新機軸のリヤウィング断念:

« シーズン中最も厳しいサーキットでタイヤマネージメントが重要に (ピレリ) | トップページ | マルドナド(ウィリアムズ)のシート左右するベネズエラ大統領選 »