« コスワース・エンジン、2014年以降もF1残留に意欲 | トップページ | 公式予選Q1、ここでもレッドブル勢 可夢偉突破 »

2012/10/13

フリー走行3回目もベッテル(レッドブル)が席巻

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
午後の公式予選を前に、韓国GPは3回目のフリー走行が行われた。
ここでも最速タイムを記録したのは日本GPから好調を続けるレッドブルのベッテル。
ただ一人ベストを1分37秒台に入れる1'37.642をマークしてみせた。

2番手はマクラーレンのハミルトンだったが、ベッテルとのタイム差は0.527秒という大きなものだった。
3番手もマクラーレンのバトン、4-5番手にロータスのグロージャン&ライコネン、6番手アロンソ(フェラーリ)、7番手はウェバー(レッドブル)だったが、セッション終盤はピットガレージ内での作業が続き、結局再びコースインできないままで終え、不安を残した。
8番手マッサ(フェラーリ)、9番手マルドナド(ウィリアムズ)、そして10番手がヒュルケンバーグ(フォース・インディア)になった。
ザウバー勢はペレスが11番手になったものの小林可夢偉は15番手。
またロズベルグ&シューマッハのメルセデス勢も12-13番手に留まっている。

韓国GP:フリー走行3回目の結果はこちら
韓国GP画像はこちら

|

« コスワース・エンジン、2014年以降もF1残留に意欲 | トップページ | 公式予選Q1、ここでもレッドブル勢 可夢偉突破 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フリー走行3回目もベッテル(レッドブル)が席巻:

« コスワース・エンジン、2014年以降もF1残留に意欲 | トップページ | 公式予選Q1、ここでもレッドブル勢 可夢偉突破 »