« 小林可夢偉(ザウバー)、「おめでとうを言うだけ」 | トップページ | ピレリ、モンツァで性能と耐久性を示す »

2012/09/10

ザウバー・チーム首脳、「なんと素晴らしい結果」

Sergio Perez (C)Sauber Motorsport
拡大します
ザウバー・チームの首脳はセルジオ・ペレスが2位表彰台をゲットしたイタリアGPの結果を手離しで喜んだ。

モニシャ・カルテンボーン/CEO:「なんと素晴らしい結果なんでしょう。
正直このコースは私たちのマシンにとってチャレンジな所だと思っていましたし、予選結果もこのようなものだったのでこんな最高の結果が得られるとは期待していませんでした。
あの難しいコンディションの中、ペレスは繰り返し最高タイムを記録しながらオーバーテイクを重ねてくれました。
このW入賞による20ポイント(ペレス18ポイント、小林2ポイント)は、私たちがチャンピオンシップを戦う上で大きな得点になることでしょう」

ジャンパオロ・ダラーラ/トラックエンジニアリング責任者:「どちらのクルマもパフォーマンスは優れていて共に良いスタートを切った。
タイヤの選択は二人で異なったが、今回いずれも1ストップ作戦を採った。
ペレスはミディアムに履き替えてから素晴らしいペースをみせたが、なぜか可夢偉のほうは速くはなかった。
これからその原因を究明しなくてはならない」

|

« 小林可夢偉(ザウバー)、「おめでとうを言うだけ」 | トップページ | ピレリ、モンツァで性能と耐久性を示す »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55621720

この記事へのトラックバック一覧です: ザウバー・チーム首脳、「なんと素晴らしい結果」:

« 小林可夢偉(ザウバー)、「おめでとうを言うだけ」 | トップページ | ピレリ、モンツァで性能と耐久性を示す »