« シンガポールのポールはハミルトン、ベッテル2列目に沈む | トップページ | デ・ラ・ロサ(HRT)ギヤボックス交換でペナルティ »

2012/09/23

小林可夢偉(ザウバー)、「オーバーステア酷すぎた」

小林可夢偉 (C)Sauber Motorsport
拡大します
18番グリッドと今季最悪(昨季を通じても)の予選結果に終わったザウバー・チームの小林可夢偉は、「オーバーステアが酷かった」とその状況を訴えた。

「とにかくオーバーステアが酷くて、それを最後まで解消することができなかった。
オーバーステアなんて、こうした市街地コースでは一番避けたいことだからね。
とても自信を持って周回することができなかったよ。
こんな後方からのスタートじゃ、正直どんな作戦を考えたらいいのかわからない。
でも、セーフティカーがデル・ガルデことだってあるし、諦めないでチャンスが巡って来るのを待つよ」

またジャンパオロ・ダラーラ/トラックエンジニアリング責任者も、「こうした結果はもちろん期待したものではない。
パフォーマンス不足を解決するためあらゆる努力を惜しまなかったが、これ以上の予選結果を得ることはできなかった。
特に何かインシデント(出来事)があった訳ではないがこれが現在のわれわれのほんとうの姿。
ウチは元来レースペースのほうがいいが、それでもここからポイントを獲得するには簡単ではない」と、語っている。

|

« シンガポールのポールはハミルトン、ベッテル2列目に沈む | トップページ | デ・ラ・ロサ(HRT)ギヤボックス交換でペナルティ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55722647

この記事へのトラックバック一覧です: 小林可夢偉(ザウバー)、「オーバーステア酷すぎた」:

« シンガポールのポールはハミルトン、ベッテル2列目に沈む | トップページ | デ・ラ・ロサ(HRT)ギヤボックス交換でペナルティ »