« ロバート・クビサ、今度はクラッシュ | トップページ | ペレス(ザウバー)、今度はマクラーレンが接触か »

2012/09/17

ニキ・ラウダ氏、「ベッテル、小さなマシントラブルが命取り」

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
2010-11年連続のF1チャンピオンで、今季もここまで僅差でランキング4位につけるセバスチャン・ベッテル(25歳:ドイツ)だが、このところ相次ぐマシントラブルについて元F1チャンピオンでもあるニキ・ラウダ氏(63歳:オーストリア)が悲観的な見方を示して注目されている。

それによれば、F1のタイトル争いはハイレベルなステージにおいて僅差で行われるもので、そこではわずかなマシントラブルが命取りになりかねないというもの。
ベッテルのマシンはここ2戦連続して搭載するルノー・エンジンのオルタネーター・トラブルに見舞われている。

ラウダ氏は「ベッテルはまだタイトルを失った訳ではないが、状況を改善しなければ今シーズンのタイトルは遠のいてしまうだろう」と警告した。

|

« ロバート・クビサ、今度はクラッシュ | トップページ | ペレス(ザウバー)、今度はマクラーレンが接触か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55677325

この記事へのトラックバック一覧です: ニキ・ラウダ氏、「ベッテル、小さなマシントラブルが命取り」:

« ロバート・クビサ、今度はクラッシュ | トップページ | ペレス(ザウバー)、今度はマクラーレンが接触か »