« マ・キンファ(HRT)、「中国にとって重要な経験だった」 | トップページ | アロンソ(フェラーリ)、「実に忙しい一日になった」 »

2012/09/08

小林可夢偉(ザウバー)、「こんなんじゃ走れない」

小林 可夢偉 (C)Sauber Motorsport
拡大します
イタリアGPの初日フリー走行を16番手という不満足な結果で終えたザウバー・チームの小林可夢偉は、マシンが跳ねてしまうトラブルを強調、「こんなんじゃ走れない」とセッション終了を待たずにマシンを降りる苛立ちをみせた。

「厳しい一日だったね。
とにかくマシンが跳ねてしまいセッティングどころじゃない。
ストレートを走っていたってスピンしそうになるくらいなんだから。
原因はたぶん究明できると思うけど、今日のセッション中に修復することはできなかった。
まだセットアップが決められるほど走り込んでもいないから、明日のフリー走行はメチャクチャハードな仕事を強いられることだろうね」

これについてジャンパオロ・ダラーラ/トラックエンジニアリング責任者は「午前の走行では問題なかったが、リヤウィングなどエアロダイナミックスを変更した午後に解決できない問題がおきて可夢偉の走行を切り上げる原因となった。
ペレスのマシンのほうも終了直前に不審なデータが見つかったので走行を終えさせた。
これから早急に問題の解決にあたらなければならない」と、引き締めた。

|

« マ・キンファ(HRT)、「中国にとって重要な経験だった」 | トップページ | アロンソ(フェラーリ)、「実に忙しい一日になった」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55605355

この記事へのトラックバック一覧です: 小林可夢偉(ザウバー)、「こんなんじゃ走れない」:

« マ・キンファ(HRT)、「中国にとって重要な経験だった」 | トップページ | アロンソ(フェラーリ)、「実に忙しい一日になった」 »