« マニクールテスト2日目、チーム代えてもビアンキ最速 | トップページ | ペレス高評価もフェラーリ首脳は慎重発言 »

2012/09/13

ピレリ、日本、韓国、インドグランプリ用のコンパウンド選択を発表

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2012年9月12日、ミラノ

ピレリは、10月に行われるFIA Formula One世界選手権第15~17戦、日本、韓国、インドグランプリ用のタイヤ選択を発表しました。

日本グランプリには、P Zeroシルバー・ハードタイヤとP Zeroイエロー・ソフトタイヤが使用され、高速でチャレンジングな鈴鹿サーキットで性能と耐久性の両面を提供します。

韓国グランプリには、P Zeroイエロー・ソフトタイヤとP Zeroレッド・スーパーソフトタイヤが選択されました。この組み合わせは、昨年、木浦でのピレリのデビュー戦で非常に効果的であったことが実証済みです。

2011年からカレンダーに加わったインドグランプリには、P Zeroシルバー・ハードタイヤとP Zeroイエロー・ソフトタイヤが使用され、デリーの高温なコンディションに対応します。

日本の鈴鹿は、高速コーナーと低速でテクニカルなコーナーを併せ持つため、タイヤは、多様な要素と天候状態の下、効果的に機能しなければなりません。ハードとソフトの組み合わせは、ドライバーたちに人気があるサーキットにおいて、130Rやスプーンのようなスロットル全開のコーナーでの高いGフォースによる不測の事態にも対応します。

韓国では気温は高くなる可能性がありますが、タイトでツイスティなトラックの特性とデグラデーションレベルの低さのため、ピレリのタイヤレンジ中で最も軟らかい組み合わせが効果的となります。この組み合わせは、モナコやカナダで証明されたように、十分なメカニカルグリップを供給しつつも耐久性について妥協しません。

昨年、インドでは初めてのグランプリであったため、ピレリのエンジニアたちは、ブッダ・サーキットに関して出来る限り多くのシミュレーションデータを収集しました。今年のタイヤ選択は、リアルデータに基づいており、その結果、Formula Oneで最長の部類に入るストレートやタイヤに大きな負荷を課すマルチエイペックスのコーナーで最高のシーンを提供するため、ハードとソフトの組み合わせとなりました。

通常のコンディションにおいて、各ドライバーは、レース週末に6セットの硬い方のコンパウンドと5セットの軟らかい方のコンパウンドを供給され、金曜日のフリー走行以降自由に使用することができます。また、ピレリは、ダンプコンディション用のCinturatoグリーン・インターミディエイトタイヤ(ドライバーあたり4セット)とCinturatoブルー・レインタイヤ(ドライバーあたり3セット)を各グランプリに持ち込む予定です。

ピレリジャパン・プレスリリース

Pi

|

« マニクールテスト2日目、チーム代えてもビアンキ最速 | トップページ | ペレス高評価もフェラーリ首脳は慎重発言 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55645265

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ、日本、韓国、インドグランプリ用のコンパウンド選択を発表 :

» ピレリが日本GP、韓国GP、インドGPのスペックを発表 [MotorSports]
Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on netvibes share via Reddit Share this on sphinn Share with Stumblers Share on technorati Tumblr it Tweet about it Subscribe to the comments on th... [続きを読む]

受信: 2012/09/13 12:16

« マニクールテスト2日目、チーム代えてもビアンキ最速 | トップページ | ペレス高評価もフェラーリ首脳は慎重発言 »