« マクラーレン・チーム、ハミルトンの引き留めに契約金増大? | トップページ | マクラーレン首脳、チームオーダー発揮をあらためて否定 »

2012/09/27

メルセデス、「鈴鹿以降新排気システムが効果発揮」

Ros Brawn (C)Mercedes Motorsports
拡大します
メルセデスAMGチームのロス・ブラウン代表は、かねて開発中だった新エクゾースト・システムが次の日本GP(鈴鹿サーキット)以降、効果を発揮していくだろうと、自信をみせた。

それによれば先に行われたマニクールでの若手対象合同テストで投入された「コアンダ・エクゾースト・システム」は、今回のシンガポールGPで実験的にテスト。
まだ開発中ではあるものの、ここ数レースで効果を発揮するだろうとしている。

一連の開発は来季を見据えたものとはいうものの、効果の発揮が早ければチームの士気アップにつながると期待を示している。

|

« マクラーレン・チーム、ハミルトンの引き留めに契約金増大? | トップページ | マクラーレン首脳、チームオーダー発揮をあらためて否定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55747481

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス、「鈴鹿以降新排気システムが効果発揮」:

« マクラーレン・チーム、ハミルトンの引き留めに契約金増大? | トップページ | マクラーレン首脳、チームオーダー発揮をあらためて否定 »