« ピレリタイヤ、ロバート・クビサに白羽の矢 | トップページ | 予選Q1、小林可夢偉(ザウバー)今季最悪の18番手 »

2012/09/22

ベッテル(レッドブル)、フリー走行3回目も制す

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
22日(土)、シンガポールGPはまずフリー走行3回目セッションがドライコンディションのもと行われた。
セッションの最後にケータハムのペトロフが最終コーナー部分でクラッシュ。
マシンがピットレーン入口のブラインド部分にストップした上に破片がコースに散乱したため赤旗中断となったままセッションは終了した。
このため最後のタイムアタックが行えないまま終了となったマシンも多かったようだ。

それでも結局トップタイムを記録したのはレッドブルのベッテルで、今週はここまですべてのセッションでトップという偉駄天ぶりを発揮した。
2番手ハミルトン(マクラーレン)、3番手アロンソ(フェラーリ)、以下ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、ライコネン(ロータス)、マッサ(フェラーリ)、ディ・レスタ(フォース・インディア)、ロズベルグ(メルセデスAMG)、セナ(ウィリアムズ)、シューマッハ(メルセデスAMG)の順。

ウェバー(レッドブル)は11番手、バトン(マクラーレン)12番手、ザウバー勢は小林可夢偉14番手、ペレス18番手と相変わらず苦戦している様子だ。
注目の公式予選はこの後日本時間の午後10時から行われる。

シンガポールGP:フリー走行3回目の結果はこちら
シンガポールGP画像はこちら

|

« ピレリタイヤ、ロバート・クビサに白羽の矢 | トップページ | 予選Q1、小林可夢偉(ザウバー)今季最悪の18番手 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55719687

この記事へのトラックバック一覧です: ベッテル(レッドブル)、フリー走行3回目も制す:

« ピレリタイヤ、ロバート・クビサに白羽の矢 | トップページ | 予選Q1、小林可夢偉(ザウバー)今季最悪の18番手 »