« シンガポールGPフリー1回目はベッテルが最速タイム | トップページ | ヨーロッパGP(バレンシア)、来季カレンダーから消滅 »

2012/09/21

フリー走行2回目もベッテル(レッドブル)最速

Image (C)Mercedes Motorsports
拡大します
いよいよ南の街も完全に陽が落ちたフリー走行2回目、今度は最初からほとんどドライコンディションで行われたが、再び最速タイムを記録したのはセバスチャン・ベッテル(レッドブル)だった。

このセッションでの唯一の出来事は、コントロールを失い21コーナーでストップしたセナ(ウィリアムズ)のマシンを取り除くため赤旗中断になったことだ。
パーマネントコースとは違う市街地特設コースの苦しさで、マシン除去に手間取ったもの。

2番手はバトン(マクラーレン)、3番手アロンソ(フェラーリ)、以下ウェバー(レッドブル)、ハミルトン(マクラーレン)、ディ・レスタ(フォース・インディア)、ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、ロズベルグ(メルセデスAMG)、マッサ(フェラーリ)、グロージャン(ロータス)というトップ10。
メルセデスのシューマッハは11番手、ロータスのライコネン12番手、ザウバー勢はペレス15番手、小林可夢偉16番手だった。

シンガポールGP画像はこちら

|

« シンガポールGPフリー1回目はベッテルが最速タイム | トップページ | ヨーロッパGP(バレンシア)、来季カレンダーから消滅 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55714586

この記事へのトラックバック一覧です: フリー走行2回目もベッテル(レッドブル)最速:

» 2012 Rd14シンガポールGPフリー走行 [MotorSports]
Share on bebo Blog this! Bookmark on Delicious Digg this post Share on dzone Recommend on Facebook Share on netvibes share via Reddit Share this on sphinn Share with Stumblers Share on technorati Tumblr it Tweet about it Subscribe to the comments on th... [続きを読む]

受信: 2012/09/22 17:57

« シンガポールGPフリー1回目はベッテルが最速タイム | トップページ | ヨーロッパGP(バレンシア)、来季カレンダーから消滅 »