« 今季最も戦闘力を上げているのはウィリアムズ | トップページ | ケータハムF1、ファクトリー移転が無事終了 »

2012/08/21

ギヤボックスの雄・マイク・ヒューランド氏、死去

Hewland Gearbox (C)Hewland Engineering
拡大します
イギリスの著名なギヤボックス・メーカーであるヒューランド・エンジニアリングの創設者マイク・ヒューランド氏が先週末死去したことがわかった。享年89。

ヒューランド・エンジニアリングは1957年に設立、最初はF2マシン用のギヤボックス製作からスタートした。
軽量で信頼性の高い同社のギヤボックスは瞬く間に業績を伸ばし、フォーミュラ・マシンのギヤボックスの定番と評価された。
とりわけフォードのDFVエンジンがF1マシンの主力になった時には、エンジンはDFV、ギヤボックスはヒューランドというパッケージがF1チームの定番となり(フェラーリを除き)市場をほぼ席巻する時代が続いた。
マイク氏自身は1991年に引退したが、その後事業は子息であるウィリアム氏が継続している。

|

« 今季最も戦闘力を上げているのはウィリアムズ | トップページ | ケータハムF1、ファクトリー移転が無事終了 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55473098

この記事へのトラックバック一覧です: ギヤボックスの雄・マイク・ヒューランド氏、死去:

« 今季最も戦闘力を上げているのはウィリアムズ | トップページ | ケータハムF1、ファクトリー移転が無事終了 »