« 11月のアメリカGP、自由席チケットが完売の報 | トップページ | マーク・ウェバー(レッドブル)、「車両違反論争には辟易」 »

2012/08/05

ロータス・チーム首脳、「今年のチャンピオンはライコネン」

James Allison (C)Lotus F1 Team
拡大します
先のハンガリーGPでは3回目の2位、今季5度目となる表彰台を獲得しているロータス・チームのキミ・ライコネンについて、同チームでテクニカル・ディレクターを務めるジェームス・アリソン氏は「今年のチャンピオンはライコネン」と自信をみせた。

「ウチはだいたいもうこの時期になると来年のクルマの開発にスイッチしてしまうんだけど、今年は違う。
なぜなら、今年は様相が違うからだ。
何しろタイトル獲得のチャンスがある。
だからまだまだ改良を加え、戦闘力のアップを図っているんだ。
これまであとわずかなところで勝利を逃がしてきたが、これから勝利を積み重ねればシリーズ・チャンピオンも不可能なことではない。
大いにチャンスはあるんだよ」

これまでの11戦を終え、この2007年のチャンピオンは現在ハミルトン(マクラーレン)とわずか1ポイント差のランキング5位につけている。

|

« 11月のアメリカGP、自由席チケットが完売の報 | トップページ | マーク・ウェバー(レッドブル)、「車両違反論争には辟易」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55354330

この記事へのトラックバック一覧です: ロータス・チーム首脳、「今年のチャンピオンはライコネン」:

« 11月のアメリカGP、自由席チケットが完売の報 | トップページ | マーク・ウェバー(レッドブル)、「車両違反論争には辟易」 »