« ピレリタイヤ、「タイヤ戦争復活には反対」 | トップページ | ヒュルケンバーグら、ピレリ雨タイヤについても不満 »

2012/08/03

メルセデス首脳、「2014年エンジンは3社の争い」

Mercedes V8 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
現在F1に参戦している12チームは、それぞれルノー、メルセデス、フェラーリ、そしてコスワースら4社のエンジンを搭載しているが、エンジン規則が大幅に変更される2014年シーズンにはこれが3社に絞られるかも知れない。

これはメルセデス・モータースポーツのノルベルト・ハウグ副社長が英誌に語ったもので、それによれば噂に上がったピュアなど新規参入するメーカーはなく、またコスワースも撤退が予想されるため供給できるのは上記の3社(ルノー、メルセデス、フェラーリ)だけになるとみられるが、それでも供給に支障はないとの見解だ。

なおF1のエンジン規定は現行の『2.4リッターV型8気筒』から2014年には『1.6リッターV型6気筒ターボ』へと変更されることが決まっている。

|

« ピレリタイヤ、「タイヤ戦争復活には反対」 | トップページ | ヒュルケンバーグら、ピレリ雨タイヤについても不満 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55340135

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス首脳、「2014年エンジンは3社の争い」:

« ピレリタイヤ、「タイヤ戦争復活には反対」 | トップページ | ヒュルケンバーグら、ピレリ雨タイヤについても不満 »