« マルドナド(ウィリアムズ)、デモランでも問題児ぶり発揮 | トップページ | ウィリアムズ、「ルノー・エンジン搭載継続最優先」 »

2012/08/14

マニクール、2013年のフランスGP復活を窺う

2006 FranceGP (C)Renault F1 UK
拡大します
1950年の近代F1スタート時からの開催国であるフランスGPだが、2008年を最後にその開催は途絶えたままだ。
しかし地元の『フィガロ』紙は、フランス中部ヌベール県にあるマニクール・サーキットが2013年からの開催に向け再び活動を開始していることがわかった。

フランスでは1990年まで開催されたポールリカール・サーキットでもやはり2013年の復活開催を目指しているということだが、一方で開催地決定に大きな権限を持つバーニー・エクレストン氏は首都パリでの市街地特設コースを考えていると伝えられていて、復活するにしてもその行方は混沌としている。

1950年にランスで始められたフランスGPはその後幾多の開催地変遷を経てきたものの1991年から最後の2008年まではマニクールで続けられてきたが、あまりにも田舎で不便であるとして不評だった。

|

« マルドナド(ウィリアムズ)、デモランでも問題児ぶり発揮 | トップページ | ウィリアムズ、「ルノー・エンジン搭載継続最優先」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55419138

この記事へのトラックバック一覧です: マニクール、2013年のフランスGP復活を窺う:

« マルドナド(ウィリアムズ)、デモランでも問題児ぶり発揮 | トップページ | ウィリアムズ、「ルノー・エンジン搭載継続最優先」 »