« ウェット路面のフリー走行2回目はマルドナド最速 | トップページ | スペイン連盟会長、マルシアF1の声明に反発 »

2012/07/21

地元ロズベルグ(メルセデス)、グリッド降格ペナルティ

Nico Rosberg (C)Mercedes Motorsports
拡大します
地元で期待の掛かるドイツ人ドライバーの一人ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)だが、残念ながら予選グリッド5番降格のペナルティを受けることが確定した。
これは今回のフリー走行にあたりギヤボックスの交換を行ったため。

これについてロズベルグ本人は、「明日はわからないけれど、日曜日の決勝レースはドライで行われるだろう。
マシンの状態はいいのでオーバーテイクできるとは思うけれど、でもせっかく地元のレースなのにペナルティはほんとうに残念だ」と、悔やんだ。

|

« ウェット路面のフリー走行2回目はマルドナド最速 | トップページ | スペイン連盟会長、マルシアF1の声明に反発 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55242796

この記事へのトラックバック一覧です: 地元ロズベルグ(メルセデス)、グリッド降格ペナルティ:

« ウェット路面のフリー走行2回目はマルドナド最速 | トップページ | スペイン連盟会長、マルシアF1の声明に反発 »