« ディ・レスタ、マネージャー(ハミルトン氏)と訣別 | トップページ | マルシアF1、ビロタの右目失われたことを発表 »

2012/07/05

ビロタの事故原因、マシン制御システムの誤作動も

 Maria de Villota (C)Marussia F1 Team


3日(火)起きたマリア・デ・ビロタ嬢(32歳:スペイン/マルシアF1チーム)のアクシデントについて、現在同チームが原因を解明中だが、当時の事故を目撃した関係者の間からはマシンのコントロール・システムに何らかの問題があったのでは、という声が聞かれている。

それによれば当時ビロタは1周のインストレーション・ラップを行っただけでスピードも出ておらず、ドライバーのミスでアクシデントを起こすような状況とは考えられないとのこと。
そのためこれはマシンに設定されたアンチ・ストールシステム等の誤作動が原因ではないかという見方が起きているようだ。

|

« ディ・レスタ、マネージャー(ハミルトン氏)と訣別 | トップページ | マルシアF1、ビロタの右目失われたことを発表 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビロタの事故原因、マシン制御システムの誤作動も:

« ディ・レスタ、マネージャー(ハミルトン氏)と訣別 | トップページ | マルシアF1、ビロタの右目失われたことを発表 »