« マルドナド(ウィリアムズ)、「事故は故意でない」と涼しい顔 | トップページ | FIA、イエローコーション下のDRS使用を禁止へ »

2012/07/11

負傷のザウバー・スタッフ、すでに現場へ復帰

小林可夢偉 (C)Sauber Motorsport
拡大します
ザウバー・チームは先のイギリスGP決勝レース中に起きたピットストップでのアクシデントで負傷したクルーが、回復なって現場に復帰したことを明らかにした。

これは、同チームの小林可夢偉が2度目のピットストップを行った際、ブレーキングが間に合わずにタイヤをロックさせて待ち構えたクルーをはねて負傷させてしまったもの。

これについて小林可夢偉は「すべて自分の責任」と謝罪しているが、元F1チャンピオンであるニキ・ラウダ氏(62歳:オーストリア)が「長年のF1の歴史で最も愚かなミスのひとつ」と酷評したことが伝わっている。

|

« マルドナド(ウィリアムズ)、「事故は故意でない」と涼しい顔 | トップページ | FIA、イエローコーション下のDRS使用を禁止へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55169663

この記事へのトラックバック一覧です: 負傷のザウバー・スタッフ、すでに現場へ復帰:

« マルドナド(ウィリアムズ)、「事故は故意でない」と涼しい顔 | トップページ | FIA、イエローコーション下のDRS使用を禁止へ »