« ベルギーGP、単独開催継続の方向へ | トップページ | ディ・レスタ、マネージャー(ハミルトン氏)と訣別 »

2012/07/04

ビロタ(マルシア)、意識あり状態は安定

Maria de Villota (C)Marussia F1 Team

マルシアF1チームはテストでの事故で深刻な状態に見舞われた同チームのテストドライバー、マリア・デ・ビロタ嬢(32歳:スペイン)の容態について発表。
それによれば意識はあり、頭部と顔に重傷を負っているも状態は安定しているとのことだ。

事故後、ビロタは現場であるダクスフォードの飛行場からケンブリッジのアデンブルックス病院に救急搬送されている。

|

« ベルギーGP、単独開催継続の方向へ | トップページ | ディ・レスタ、マネージャー(ハミルトン氏)と訣別 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55117084

この記事へのトラックバック一覧です: ビロタ(マルシア)、意識あり状態は安定:

« ベルギーGP、単独開催継続の方向へ | トップページ | ディ・レスタ、マネージャー(ハミルトン氏)と訣別 »