« ピレリ、ハンガリーまでのコンパウンド選択を発表 | トップページ | ビロタ(マルシア)、意識あり状態は安定 »

2012/07/04

ベルギーGP、単独開催継続の方向へ

2001 Belgium GP (C)Williams F1
拡大します
観客数の減少から、将来復活したフランスGPとの交互開催も噂されていたベルギーGPだったが、どうやらこの案は消滅に至ったようだ。

フランスの『AFP通信』らが伝えるところでは、その原因にフランス大統領の交代があるとのこと。
フランスではこれまでのサルコジ氏から新たにオランド氏に大統領が交代していて、F1に関する考え方の違いが露呈したようだ。

ベルギーGPは、バーニー・エクレストン氏との交渉で開催料の引き下げを実現した上で2016年まで開催契約を延長したい考えとされる。

|

« ピレリ、ハンガリーまでのコンパウンド選択を発表 | トップページ | ビロタ(マルシア)、意識あり状態は安定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55117042

この記事へのトラックバック一覧です: ベルギーGP、単独開催継続の方向へ:

« ピレリ、ハンガリーまでのコンパウンド選択を発表 | トップページ | ビロタ(マルシア)、意識あり状態は安定 »