« ボタス(ウィリアムズ)、貫禄のトップタイム | トップページ | シルバーストーン合同テスト2日目タイム(7/13) »

2012/07/14

FIA技術責任者、段差ノーズ解消に前向き姿勢

Redbull 『RB8』 (C)Redbull Racing
拡大します
今シーズン、F1レギュレーションの制約からほとんどのマシンが採用したいわゆる「段差ノーズ」だが、デザイン的に見苦しいと不評の声が大きい。

これについて、以前から自身も否定的な姿勢とみられるFIA(国際自動車連盟)の技術部門責任者であるチャーリー・ホワイティング/レースディレクターは、少なくとも来シーズンにはこれが解消されるだろうとの見解を示した。

「クルマの外観について多くのフアンが不満を持っていることはわれわれも承知している」と、シルバーストーンでブラジル『エスタド・デ・サンパウロ』紙の取材に答えたもの。

|

« ボタス(ウィリアムズ)、貫禄のトップタイム | トップページ | シルバーストーン合同テスト2日目タイム(7/13) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55190289

この記事へのトラックバック一覧です: FIA技術責任者、段差ノーズ解消に前向き姿勢:

« ボタス(ウィリアムズ)、貫禄のトップタイム | トップページ | シルバーストーン合同テスト2日目タイム(7/13) »