« ドイツGPはアロンソ今季3勝目、ザウバー勢W入賞 | トップページ | ベッテル(レッドブル)、ペナルティよりもハミルトンに不快感 »

2012/07/23

2位ベッテルがペナルティで5位に後退、小林可夢偉4位に

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
ドイツGPのレーススチュワード(競技審査委員)は、22日(日)行われた決勝レースの66周目、3位を走行していたベッテル(レッドブル)がバトン(マクラーレン)をオーバーテイクして2位に上がった際、コース外を走行したとしてレース後の審議対象としていた件について、レース結果に20秒を加算する決定をした。

これは本来、ドライブスルー・ペナルティーに相当するものだが、すでにレースが終了しているためレース結果に20秒を加算したもの。
ベッテルはこれにより2位から5位まで転落。
4位だったライコネン(ロータス)が3位に、5位だった小林可夢偉(ザウバー)が4位へと変更されることになる。

|

« ドイツGPはアロンソ今季3勝目、ザウバー勢W入賞 | トップページ | ベッテル(レッドブル)、ペナルティよりもハミルトンに不快感 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55259663

この記事へのトラックバック一覧です: 2位ベッテルがペナルティで5位に後退、小林可夢偉4位に:

» F1ドイツGP(2012 R10) [UKYOのつぶやき]
F1第10戦ドイツGP! [続きを読む]

受信: 2012/07/23 20:31

« ドイツGPはアロンソ今季3勝目、ザウバー勢W入賞 | トップページ | ベッテル(レッドブル)、ペナルティよりもハミルトンに不快感 »