« アロンソ、ピレリとともに2012年初の2勝目 (ピレリ) | トップページ | シューマッハの「無罪放免」に異議の声も »

2012/06/26

ベッテル&グロージャン、共にトラブル原因はエンジン機器

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
24日(日)行われたヨーロッパGP決勝レースで、レッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテルは1位を走行中だった33周目に、またロータス・チームのロマン・グロージャンは2位を走っていた40周目にそれぞれ突然のマシントラブルでリタイヤしたが、いずれもその原因が搭載したルノー・エンジンの関連機器にあったことがわかった。

同エンジンを供給するルノー・スポールのトラック・エンジニアリング責任者であるレミ・タフィン氏によれば、トラブルはいずれも関連機器であるオルタネーター(発電機)が故障したために電力供給が途絶えてエンジンがシャットアウトしたものという。
トラブル自体は小さなものだったが、レースに及ぼした結果は極めて重大。
ルノー・スポールでは両チームに謝罪したということだ。

|

« アロンソ、ピレリとともに2012年初の2勝目 (ピレリ) | トップページ | シューマッハの「無罪放免」に異議の声も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55054092

この記事へのトラックバック一覧です: ベッテル&グロージャン、共にトラブル原因はエンジン機器:

« アロンソ、ピレリとともに2012年初の2勝目 (ピレリ) | トップページ | シューマッハの「無罪放免」に異議の声も »