« カナダGPの週末は雨になる可能性も | トップページ | カナダGP、今年のDRSゾーンは1か所だけに »

2012/06/05

タイヤから見たカナダグランプリ スーパーソフトとソフト、カナダで再び登場 (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2012年カナダグランプリ:2012年6月8-10日 モントリオール

グランプリ概要:
ピレリのタイヤレンジで最も軟らかい組み合わせである、P Zeroレッド・スーパーソフトとP Zeroイエロー・ソフトが、カナダグランプリに再び登場します。しかし、今回、この2つのタイヤは、2週間前のモナコとは異なるチャレンジに直面するでしょう。ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットは、モナコ同様、市街地サーキットですが、より高速で、タイヤの摩耗がより激しいサーキットです。変わりやすい天候のため、Cinturatoグリーン・インターミディエイトとCinturatoブルー・ウェットタイヤが登場する可能性もあります。また、通常よりも中断、事故、セーフティーカー導入の機会が多いため、カナダグランプリは、シーズン中で最もエキサイティングで予測不可能なレースのひとつとなっています。

半常設のサーキットは使用頻度が少ないため、レース週末を通して大幅な路面の改善が見られ、ラバーが乗るにつれてラップタイムは徐々に速くなっていきます。ヘビーブレーキングエリア(カナダは、シーズン中で最も激しいブレーキングを要するサーキットです)と中・低速コーナーからの脱出時に必要なトラクションは、特にリアタイヤに大きな負荷を与えます。一般的に、路面のグリップレベルは極端に低く、マシンをスライドさせやすいため、タイヤの摩耗を増加させます。よって、カナダではタイヤマネージメント能力が極めて重要であり、モナコのように1ストップで長いスティントを走行することは、ほぼ不可能と言えるでしょう。全長4.361kmのトラックには、いくつかのオーバーテイクポイントが存在しますが、ラインを外れると路面がダーティーなため、オーバーテイクにはリスクが伴います。昨年の決勝は、激しい雨によって2時間近く中断され、マクラーレンのジェンソン・バトンが6回のピットストップ(内1回はドライブスルー・ペナルティーによるもの)を経て優勝しました。今年は、もしコンディションがドライであれば、より少ないピットストップになるでしょうが、決勝において、タイヤ戦略が重要な役割を演じることに変わりはありません。

ピレリジャパン・プレスリリース

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント: 「シーズン中で最も見応えのある2つのレース、モナコからカナダへとやってきました。モントリオールは、魅力あるレース開催地であるばかりではなく、素晴らしいサーキットでもあります。ソフトとスーパーソフトは、非常に低い平均速度でタイヤへの負荷も大きくなかったモナコよりも、ここで本来の性能を示すことができるでしょう。モナコでは、スーパーソフトでも非常に長い走行が可能でしたが、タイヤに厳しい、ここモントリオールでは同じようにはいきません。例年、このレースでは、タイヤ戦略が重要な役割を演じます。特に雨の場合はなおさらです。昨年は、6回もピットレーンを走行しながらも、ジェンソン・バトンをカナダグランプリの優勝へ導いた、適切な時期に適切なタイヤを使用する戦略が見られました。とは言え、レースは通常のコンディションとはかけ離れていたため、我々は、まだノーマルなコンディションのカナダで、スーパーソフトの走行を経験していません。各チームにとって、フリー走行は、特にフルタンク状態でのスーパーソフトの動作を正確に理解するために、非常に重要になります。あらゆる可能性をカバーするために、各チームはいくつかの戦略を用意してくると思われるので、様々な異なる戦略が見られると思います」

ドライバーのコメント キミ・ライコネン(ロータス) : 「モントリオールは、ラップ中にグリップレベルが大きく変化する難しいサーキットだ。異なる路面のタイプがいくつか存在するため、適切なセットアップが必要だし、全ての路面上でのタイヤの動作を把握しておく必要がある。カナダでは、気象条件と温度の幅が非常に広範であることを見てきたから、路面とタイヤ温度は、今シーズンの興味深いチャレンジになりそうだね。高速コーナーは存在しないので、タイヤは主に、ブレーキング時とトラクション要求時の負荷が高くなる。ブレーキング時にフラットスポットを作らないように気を付けなければならない。

今年のピレリタイヤは、僕にとっては素晴らしいよ。エンジニアとともに戦略を組み立て、ベストな選択をするつもりだ。バーレーンのように上手くいったこともあるし、上海のように上手くいかなかったこともある。中国での決勝後とバーレーンでの予選後、僕らのことをバカにし始めた人もいただろう。しかし、僕らは、僕らが取った行動の理由を決勝で示すことができた。中国のことはもう終わったことだし、僕らの戦略が正しかったことを証明できた。レースでは誰もが経験することだけどね」

ピレリ・テストドライバーのコメント ハイメ・アルグエルスアリ : 「カナダは魅力的なサーキットだよ。昨年、ピットレーンからスタートして8位でフィニッシュする素晴らしいレースを経験できたんだ。タイヤは絶対的に重要だ。ストレートでトップスピードを高めるために、非常に低いダウンフォースセットアップを行う。結果として、空力グリップよりもメカニカルグリップに依存することになる。さらに路面状態も加わり、レース週末を通して、多くのマシンがスライドしやすくなり、タイヤの摩耗も激しくなると思う。スーパーソフトとソフトの組み合わせは、気温が低く、グリップレベルが低いモントリオールにとても適している。リアタイヤのケアが特に重要になる。適切なドライビングによって、アドバンテージを得ることができるだろう。モントリオールには、いくつかオーバーテイクポイントもあるから、きっとエキサイティングなレースになるよ」

テクニカルノート:
・ カナダでは、特に最終コーナーにおいて、レーシングラインをキープするための縁石の使用によって、タイヤは大きなダメージを受ける。縁石通過時点のマシンの時速は、約130kmである。

・ Formula Oneが開催される他のサーキットと比較して、カナダは非常にバンピーであり、トラクションを得ることが難しい。これは、モントリオールにおける最も大きな課題のひとつである。リアタイヤに大きな負荷がかかり、ドライバーは、タイヤの摩耗の主な原因となるホイールスピンを避けることに気を配らなければならない。

・ モントリオールのピットレーンは、少し変わっており、路面がアスファルトの部分とコンクリートの部分が存在する。それぞれが異なる摩擦係数を提供するため、路面へのラバーの乗りやグリップへ影響を与える。

これまでのタイヤ選択:

0605

カナダにおけるピレリ:
・ ケベック地方の冬は凍結する寒さのため、カナダにおけるピレリのベストセラータイヤは、ピレリのウィンタータイヤファミリーであるSottozeroレンジです。このシリーズには、最大限のコントロールと安定性のために開発され、北極でテストされたスパイクタイヤのWinter Carving Edgeも含まれます。

・ ピレリは、昨年、北アメリカでGPチャレンジゲームを公開しました。これは、グランプリチケットを争って、レースの優勝者を予測するオンライン・ファンタジー・ゲームです。カナダでは、F1の人気が高いため、たちまち有名になりました。詳細は、www.pirelligpchallenge.comをご覧ください。

・ ピレリは、1991年のカナダグランプリに勝利しています。ベネトン・フォードのネルソン・ピケが、8番グリッドからスタートして優勝しました。これは、ピレリにとって、前回のFormula One参戦時の最後の勝利であり、ピケにとってピレリでの2勝目でした。

その他のニュース:
・ ピレリは、モナコでMiles and Mealsというレシピ本を公開しました。公開イベントでは、ロマン・グロージャンとジェンソン・バトンが“本日のシェフ”を演じました。レシピやメディア情報については、下記サイトをご覧ください。
http://www.pirelliftp.com/share/f1/2012/monaco_event/page/index.html

・ ピレリは、先頃、北イタリアで新型P7 Corsa Classic ラリータイヤを発表しました。このタイヤは、クラシックな外見と最新のテクノロジーを融合したタイヤです。元世界選手権王者のユハ・カンクネンとマルク・アレンが、ランチア・デルタS4などの様々なクラシックラリーカーでデモンストレーション走行を行いました。

・ ピレリは、カナダグランプリの前週、ドイツで開催されたEssenタイヤショーにて、強い存在感を示しました。Formula Oneの技術を活用した最新の乗用車用タイヤの発表とともに、ピレリは、最新の乗用車用、二輪用、商用車用のベストセラータイヤを展示しました。

|

« カナダGPの週末は雨になる可能性も | トップページ | カナダGP、今年のDRSゾーンは1か所だけに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54881926

この記事へのトラックバック一覧です: タイヤから見たカナダグランプリ スーパーソフトとソフト、カナダで再び登場 (ピレリ):

« カナダGPの週末は雨になる可能性も | トップページ | カナダGP、今年のDRSゾーンは1か所だけに »