« エクレストン氏「金を出しても」、ロンドンGPに意欲 | トップページ | 「引退」を延期か、ペーター・ザウバー氏 »

2012/06/29

勝利してもなおフェラーリ・チーム前進図る

Mark Gene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ヨーロッパGPでアロンソが勝利、これにより今シーズン初めての同一ドライバーによる2勝目を記録。
チャンピオンシップ・ポイントでも断然首位に立ったフェラーリ・チームだが、陣営はまだ決して優位とは考えていないようだ。

ヨーロッパGP後、同チームはスペインにある自動車開発関連企業IDIADA(イディアダ・オートモーティブ・テクノロジー)の施設でエアロダイナミックスのテストをテストドライバーであるマルク・ジェネの手により行ったという。

同チームでは「チャンピオンシップ争いではリードしているものの、これは決してマシンの戦闘力のアドバンテージによるものではない」と分析している。

|

« エクレストン氏「金を出しても」、ロンドンGPに意欲 | トップページ | 「引退」を延期か、ペーター・ザウバー氏 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55076286

この記事へのトラックバック一覧です: 勝利してもなおフェラーリ・チーム前進図る:

« エクレストン氏「金を出しても」、ロンドンGPに意欲 | トップページ | 「引退」を延期か、ペーター・ザウバー氏 »