« ベッテル(レッドブル)、ニュージャージーのコースを視察 | トップページ | オースティン(テキサス州)、FIAディレクターから合格印 »

2012/06/13

バトン(マクラーレン)、「これでタイトル争いなんて」

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
開幕戦オーストラリアGPではいきなり優勝を飾るなど好調な滑り出しをみせながら、カナダGPでも連続ノーポイントでついにランキング8位にまでズルズルと後退したマクラーレン・チームのジェンソン・バトンは、「今の状態でタイトル争いなんて考えられないよ」と、自虐した。

「今回のカナダではギヤボックスのトラブルでフリー走行段階から出遅れた感はあるけれど、それにしてもこんな状態じゃあタイトルなんてね。
僕がクラッシュした訳でもないし、チームの作業にミスがあった訳でもない。
ただ単に遅いから16位になったんだ。
15番手からスタートしたペレスが3位になっているというのに、チェッカーを受けたとき僕は周回遅れだったなんてね。
どうして速くないのか理解できないよ」

タイヤに優しいとされるバトンだが、ペレスが1ストップだったのに対し、今回は3回ものタイヤ交換を強いられている。

|

« ベッテル(レッドブル)、ニュージャージーのコースを視察 | トップページ | オースティン(テキサス州)、FIAディレクターから合格印 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54948133

この記事へのトラックバック一覧です: バトン(マクラーレン)、「これでタイトル争いなんて」:

» F1カナダGP(2012 R7) [UKYOのつぶやき]
F1第7戦カナダGP! [続きを読む]

受信: 2012/06/13 19:06

« ベッテル(レッドブル)、ニュージャージーのコースを視察 | トップページ | オースティン(テキサス州)、FIAディレクターから合格印 »