« 地元バレンシア州、ヨーロッパGP成功に安堵 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、「イエローは速度低減かどうか」 »

2012/06/27

「セーフティカー導入は演出」と、マルコ氏(レッドブル)

Helmut Marko (C)RedBull Racing
拡大します
ヨーロッパGPでは27周目にセーフティカーが導入され、首位を独走していたベッテル(レッドブル)がそのリードを一気に失うことになったが、これについて同チームでレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ氏が異を唱えている。

「あの状況でセーフティカーが投入される必然性などなかった。
あれには明らかにレースを面白くしようとするレースディレクターの意図があった筈。
しかし結局そのせいでベッテルはマシンに変調を来し、せっかくほぼ手中にしていたレースを失うことになったのだから結果は重大だ」

ただ他チームの関係者らはこのセーフティカーについて「当時コース上にはベルニュらの事故による破片が散らばっていた」として意に介していないようだ。

|

« 地元バレンシア州、ヨーロッパGP成功に安堵 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、「イエローは速度低減かどうか」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55055218

この記事へのトラックバック一覧です: 「セーフティカー導入は演出」と、マルコ氏(レッドブル):

« 地元バレンシア州、ヨーロッパGP成功に安堵 | トップページ | FIA(国際自動車連盟)、「イエローは速度低減かどうか」 »