« 賛否両論の『カスタマーシャシー構想』 | トップページ | ヨーロッパGP、2万人分の観客席削減 »

2012/06/15

レッドブル・レーシング代表、「最大の敵はピレリタイヤ」

Christian Horner (C)RedBull Racing
拡大します
今シーズン、コンストラクターズ・ランキングで首位に位置してはいるものの昨年、一昨年の圧倒ぶりに比べればその戦闘力に陰りがみられているレッドブル・レーシングだが、同チームのクリスチャン・ホーナー代表はその原因について次のように語っている。

「今シーズン、最大の混乱要素はピレリタイヤにあるのは違いないこと。
カナダGPでフリー走行から公式予選まで他を圧倒したベッテルが、決勝レースの最後に脱落してハミルトンに勝利をさらわれたのはなんでなんだい。
ドライバーやチームではなくタイヤがF1の勝負を決めているということ。
しかしこのタイヤを正確に分析して対応できているチームなどいないのではないか。
おそらく今シーズンは最後までこんな状況が続くのだろう。
要するに、お手上げさ」

|

« 賛否両論の『カスタマーシャシー構想』 | トップページ | ヨーロッパGP、2万人分の観客席削減 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54963982

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル・レーシング代表、「最大の敵はピレリタイヤ」:

« 賛否両論の『カスタマーシャシー構想』 | トップページ | ヨーロッパGP、2万人分の観客席削減 »