« ザウバー・チーム、可夢偉のピットロスは「ホイール」 | トップページ | 地元バレンシア州、ヨーロッパGP成功に安堵 »

2012/06/27

ペナルティの小林可夢偉、それでもイギリスGPに意欲

2010 British GP Scene (C)Sauber Motorsport
拡大します
度重なるアクシデントでレースを失っただけでなく、マッサ(フェラーリ)との接触ではその責任を問われ次戦イギリスGPで予選グリッド5番降格のペナルティを科せられたザウバー・チームの小林可夢偉だが、それでも挽回に意欲をみせた。

「バレンシアではせっかく序盤からいいペースでレースを戦うことができていたんだけど残念な結果になってしまった。
ペナルティはもちろん大きな打撃で悔しいけれど、これがF1グランプリというものの現実。
シルバーストーンはオーバーテイクができないコースではないので挽回を期す」と、小林可夢偉。

ちなみに可夢偉にとってF1でのイギリスGPは2010年に6位入賞を果たした験の良いグランプリではある。

|

« ザウバー・チーム、可夢偉のピットロスは「ホイール」 | トップページ | 地元バレンシア州、ヨーロッパGP成功に安堵 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55055200

この記事へのトラックバック一覧です: ペナルティの小林可夢偉、それでもイギリスGPに意欲:

« ザウバー・チーム、可夢偉のピットロスは「ホイール」 | トップページ | 地元バレンシア州、ヨーロッパGP成功に安堵 »