« タイヤから見たヨーロッパグランプリ バレンシアでのスピード、一貫性、耐久性 | トップページ | E.ブイユ(ロータス)代表、「ルーキーには時間が必要」 »

2012/06/20

ルマン優勝アウディにウィリアムズF1の技術

Audi R18 (C)Automobile Club de l'Ouest
拡大します
16-17日に掛けて行われた伝統のルマン24時間レースは、今年もアウディ勢が過酷な24時間の戦いを制したが、その優勝マシン『R18』にはウィリアムズ・チームの技術が採用されていることがわかった。

それによれば同車にはウィリアムズ・チームがF1マシンに使用しているフライホィール方式の「KERS」(運動エネルギー回収システム)技術が使われていて、そのためF1のエンジニアがアウディ・チームに赴いて完全な協力姿勢を取ったとのことだ。

ウィリアムズF1は今年のスペインGPでパストール・マルドナドが優勝を飾っていて、今回さらなる栄冠を獲得したことになる。

|

« タイヤから見たヨーロッパグランプリ バレンシアでのスピード、一貫性、耐久性 | トップページ | E.ブイユ(ロータス)代表、「ルーキーには時間が必要」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/55007684

この記事へのトラックバック一覧です: ルマン優勝アウディにウィリアムズF1の技術:

» 2012-06-21 [大和但馬屋日記]
佐賀県某市のIT楽園つぷりに吹く。北朝鮮的な意味で。とりあへず手持ちのTカードを捨てようか。 16-17日に掛けて行われた伝統のルマン24時間レースは、今年もアウディ勢が過酷な24時間の戦いを制したが、その優勝マシン『R18』にはウィリアムズ・チームの技術が採用されてい... [続きを読む]

受信: 2012/06/24 00:38

« タイヤから見たヨーロッパグランプリ バレンシアでのスピード、一貫性、耐久性 | トップページ | E.ブイユ(ロータス)代表、「ルーキーには時間が必要」 »