« オースティン(テキサス州)、FIAディレクターから合格印 | トップページ | ペーター・ザウバー氏、シューマッハの不運に同情 »

2012/06/14

ピレリタイヤ、来季は5つ目のコンパウンド導入を示唆

2012 Pirelli F1 Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
F1タイヤを独占供給するピレリタイヤでは、現在レース毎にハード、ミディアム、ソフト、スーパーソフトの計4つのコンパウンドから2つを選択して投入しているが、来季はこれを5種類に増やし、選択の幅をより拡大したい意向を示唆した。

同陣営でF1タイヤの責任者を務めるポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターは、「チーム側の要望もあり、よりサーキットの特性に応じた選択肢を増やしたいと考えている。
そもそも年間20もの異なるサーキットに対し、4種類のコンパウンドだけで対応するのはかなり難しいことだからね。
あるいは予選用タイヤの導入ということもあるかも知れない」と、含みを持たせている。

|

« オースティン(テキサス州)、FIAディレクターから合格印 | トップページ | ペーター・ザウバー氏、シューマッハの不運に同情 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54956394

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリタイヤ、来季は5つ目のコンパウンド導入を示唆:

» 2013年はピレリが5種類のタイヤを投入する? [MotorSports]
年間20戦を4種類のタイヤからそのGPにあったタイヤ2種類を用意しているピレリだが どうやらもう1種類投入してくるとのことを検討しているらしく 「われわれはいくつかの変更を望んでおり、恐らくタイヤ構造と場合によってはコンパウンドの変更、予選用タイヤもあるかもしれない。それぞれのサーキットにわれわれのショーをより適応させるため、さらにいくつかのコンパウンドを用意できないか要請する可能性さえある。20のサーキットに対して4種のコンパウンドで対応するのはタフな挑戦だ」 とピレリのモータースポーツディレクタ... [続きを読む]

受信: 2012/06/14 20:34

« オースティン(テキサス州)、FIAディレクターから合格印 | トップページ | ペーター・ザウバー氏、シューマッハの不運に同情 »