« モニシャ・カルテンボーン/ザウバーCEO、チーム株式取得 | トップページ | ドイツ・ファン、半数以上が「シューマッハ今季で引退」 »

2012/05/17

ハミルトン(マクラーレン)への処分に不満の声も

Charlie Whiting (C)RedBull Racing
拡大します
スペインGP公式予選でみごとなポールポジションを獲得しながらも、アタック後にレギュレーションで定められた燃料を残していなかったとして失格にされたマクラーレン・チームのルイス・ハミルトンへの処分について、他チームからも「重すぎるのでは」との声が上がっている。

それによれば、同チームが燃料計算をミスしたのは予選Q3セッションだけのことで、タイムを取り消すのであればQ3のものだけで良かったのでは、というもの。
その場合、ハミルトンは最後尾ではなくトップ10に近いグリッドが得られた計算になる。

しかしこうした指摘についてFIAレーススチュワード(競技審査委員)の責任者であるチャーリー・ホワイティング氏は、「予選はQ1からQ3までで予選セッションを構成している。
だからどこかで違反があれば、それは予選セッション全体に影響を及ぼすことは避けられないものなのだ」と、説明した。

|

« モニシャ・カルテンボーン/ザウバーCEO、チーム株式取得 | トップページ | ドイツ・ファン、半数以上が「シューマッハ今季で引退」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54729978

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン(マクラーレン)への処分に不満の声も:

» スペインGP予選のハミルトンペナルティについて [MotorSports]
予選で燃料ギリギリでアタック後にマシンを止めたことで予選失格になったハミルトンに対して ペナルティが重過ぎるとの声がまだあるようで 確かにQ3のタイムのみ抹消に比べたら重いように感じたが FIAレーススチュワード(競技審査委員)の責任者であるチャーリー・ホワイティング氏からは 「われわれにはほかに手だてがなかったのだ」 「違反があった場合はセッションの一部だけでなく、全体に適用される」 「予選はQ1からすべてが含まれる」 とコメント 予選で燃料サンプルと取るのは1,2台だが、結局そこをついてギリギリ... [続きを読む]

受信: 2012/05/17 22:17

« モニシャ・カルテンボーン/ザウバーCEO、チーム株式取得 | トップページ | ドイツ・ファン、半数以上が「シューマッハ今季で引退」 »