« マッサ(フェラーリ)の後継候補、今度はディ・レスタ | トップページ | フリー走行2回目はバトン(マクラーレン)が最速タイム »

2012/05/11

フリー走行1回目、アロンソ最速 小林可夢偉が3番手

Fernaodo Alonso Fans (C)Ferrari S.p.A
拡大します
F1ヨーロッパ・ラウンドの幕開けとなるスペインGPがスタートした。
11日(金)午前に行われたフリー走行1回目は、フェラーリ・チームのアロンソがトップタイムを記録、地元スペインのアストゥリアス州から駆けつけたファンの声援に応えた。

2番手はレッドブルのベッテル、そして3番手にザウバーの小林可夢偉。
早い段階でただ一人1分24秒台を記録したこのタイムは、長い時間破られずにタイミングモニターのトップに君臨した。

以下、バトン(マクラーレン)、セナのマシンを駆ったボタス(ウィリアムズ)、シューマッハ(メルセデスAMG)、グロージャン(ロータス)、ハミルトン(マクラーレン)、ライコネン(ロータス)、そしてヒュルケンバーグ(フォース・インディア)がトップ10。

このセッションでは他にもケータハムF1でコバライネンに代わりアレクサンダー・ロッシが、HRTでもカーティケヤンに代わって地元スペインのダニ・クロスが、そしてフォース・インディアでもディ・レスタに代わりジュール・ビアンキがドライブするなどフレッシュな顔ぶれがパドックを明るくした。

スペインGP:フリー走行1回目の結果はこちら
スペインGP画像はこちら

|

« マッサ(フェラーリ)の後継候補、今度はディ・レスタ | トップページ | フリー走行2回目はバトン(マクラーレン)が最速タイム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54686207

この記事へのトラックバック一覧です: フリー走行1回目、アロンソ最速 小林可夢偉が3番手:

» F1:Rd5.スペインGP開幕、フリー走行2回目はバトンがTOP [Station-wagon<ステーションワゴン>]
さあ、ヨーロッパ・ラウンドの開幕だ! スペインGPのフリー走行が11日、バルセロナのカタロニア・サーキットで行われた。 1回目は、フェラーリのアロンソがTop、ヴェッテルが2番手、そして小林可夢偉が3番手と続いた。 2回目のフリー走行は、マクラーレンのバト...... [続きを読む]

受信: 2012/05/12 00:06

« マッサ(フェラーリ)の後継候補、今度はディ・レスタ | トップページ | フリー走行2回目はバトン(マクラーレン)が最速タイム »