« フリー走行3回目もロズベルグ(メルセデスAMG)が最速 | トップページ | 予選Q2、小林可夢偉(ザウバー)届かず »

2012/04/21

予選Q1、なんとシューマッハ(メルセデスAMG)が脱落

バーレーンGPの予選Q1がスタート。
なんとここでこれまで連続予選3番手を記録していたメルセデスAMGのシューマッハが脱落するというミスを犯した。
最後の最後にソフトタイヤを履いたコバライネン(ケータハム)に逆転されたもの。

このセッションのトップはペレス(ザウバー)。
2番手リカルド(トロ・ロッソ)、以下ウェバー(レッドブル)、グロージャン(ロータス)、小林可夢偉(ザウバー)、ベッテル(レッドブル)、マッサ(フェラーリ)、セナ(ウィリアムズ)、ライコネン(ロータス)、ロズベルグ(メルセデスAMG)というトップ10。

ここで脱落したのは上記シューマッハ(メルセデスAMG)、ベルニュ(トロ・ロッソ)、ペトロフ(ケータハムF1)、ピック(マルシア)、デ・ラ・ロサ(HRT)、グロック(マルシア)、そしてカーティケヤン(HRT)の7台。
107%タイムは1'40.380で、これは全車がクリアしている。

|

« フリー走行3回目もロズベルグ(メルセデスAMG)が最速 | トップページ | 予選Q2、小林可夢偉(ザウバー)届かず »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54527092

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q1、なんとシューマッハ(メルセデスAMG)が脱落:

» F1第4戦バーレーンGPは無事開催中〜 [[246]ログ]
政情不安の中開催が危ぶまれていた、F1バーレーンGPですが、無事予選が終了しているようです。... [続きを読む]

受信: 2012/04/22 18:21

« フリー走行3回目もロズベルグ(メルセデスAMG)が最速 | トップページ | 予選Q2、小林可夢偉(ザウバー)届かず »