« タイヤから見たバーレーンGP | トップページ | バーレーンでもピロ氏がドライバー出身スチュワードに »

2012/04/19

レッドブル、ベッテルも新方式エクゾースト採用へ

Redbull Duo (C)Redbull Racing
拡大します
先の中国GPでは、ウェバーが改良型の新エクゾーストシステムを採用したのに対し、ベッテルのほうはシーズン当初の形態である旧型のシステムに固執。
結果的には予選でも決勝レースでもウェバーのほうが速く、禍根を残すことになった。
しかしベッテルはなおも新しいシステムに馴染めないとして、今週のバーレーンGPで新型に変更するのかどうか、危ぶまれていた。

これについて同チームのレーシング・アドバイザーであるヘルムート・マルコ氏は、地元オーストリアのメディアに対し、「いつまでも二つの異なるものを使い続ける訳にはいかない。
ベッテルには早くこれに慣れてもらわなければならない」と語り、ベッテルも今週はウェバーと同じシステムになるとの見通しを明らかにした。

|

« タイヤから見たバーレーンGP | トップページ | バーレーンでもピロ氏がドライバー出身スチュワードに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54508157

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル、ベッテルも新方式エクゾースト採用へ:

» ベッテルも新しいエキゾースト使用へ [MotorSports]
新しいエキゾーストに違和感が感じているベッテルが 中国GPで旧型のエキゾーストを使用し、バーレーンGPでもそのままベッテルとウェバーで違うエキゾーストを使ってくるのか?とも言われていたが 中国GPで新しいほうを使用していたウェバーが速かったことで バーレーンGPではベッテルにも新しい方のエキゾーストを使用することが決まったようだ 確かに別々のモノを使って戦うよりも追わなければならない立場になったレッドブルにとっては新しいモノを使って早く追いつかなつかなければならないが 果たしてベッテルは、新しいほう... [続きを読む]

受信: 2012/04/19 17:52

« タイヤから見たバーレーンGP | トップページ | バーレーンでもピロ氏がドライバー出身スチュワードに »