« 審議対象のロズベルグ(メルセデスAMG)、「無罪放免」 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「スタートも2ストップ戦略も駄目」 »

2012/04/23

アロンソ(フェラーリ)、「これからは存分に楽しめる」

Fernaodo Alonso/Shanghai (C)Ferrari S.p.A
拡大します
バーレーンGP決勝レース中、ロズベルグ(メルセデスAMG)と激しくポジションを争ったフェラーリのフェルナンド・アロンソは、ロズベルグに対して何のお咎めもなかったことを受け、「これからは存分にレースを楽しめる」と皮肉を込めたコメントをつぶやいたという。

それによればアロンソは、「もしもランオフエリアのないサーキットだったら、自分はウォールに追いやられていたことが確実で、いまこうしてこの件について話していられなかっただろう」と、解説。
さらに、「これで合法だというのなら、これからのレースは思い切り相手とサイド・バイ・サイドでオーバーテイクできて楽しいことになるだろうね」と、皮肉を込めたということだ。

|

« 審議対象のロズベルグ(メルセデスAMG)、「無罪放免」 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「スタートも2ストップ戦略も駄目」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54539119

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ(フェラーリ)、「これからは存分に楽しめる」:

« 審議対象のロズベルグ(メルセデスAMG)、「無罪放免」 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「スタートも2ストップ戦略も駄目」 »