« 計量無視のベルニュ(トロ・ロッソ)はお咎めなし | トップページ | エクレストン氏、スペイン2GP交互開催の可能性認める »

2012/04/23

タイヤがベッテルの勝利の鍵となる

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2012年4月22日、バーレーン

セバスチャン・ベッテルは、正しいタイヤ戦略によって、バーレーンGPで今シーズン初勝利を挙げました。

ベッテルは、予選でポールポジションを獲得し、決勝では3ストップ戦略を選択して、自己22回目の優勝を果たしました。開幕から4戦が終了し、異なる4チームが各レースを制し、ベッテルは4人目のドライバーズ選手権ポイントリーダーとなりました。

ベッテルは、P Zeroイエロー・ソフトタイヤでスタートし、11周後、P Zeroホワイト・ミディアムへ交換しました。その後、P Zeroイエロー・ソフトへと繋ぎ、最終スティントでP Zeroホワイト・ミディアムを使用しました。

バーレーンは、砂によってダーティーになりがちなトラックと、リアタイヤにトラクションを要求する中・低速コーナーの存在のため、タイヤのデグラデーションに関して、今シーズンで最も厳しいサーキットのひとつです。

レースは、時おり強い風が吹く、路面温度32℃前後の比較的涼しいコンディションでスタートしましたが、結果的には、57周のレースを通じて、熱によるデグラデーション対応を含むタイヤマネージメントが不可欠なスキルとなりました。

大半のドライバーが3ストップ戦略を採りましたが、フォース・インディアのポール・ディ・レスタは、2ストップ戦略を選択しました。タイヤ温存のために予選Q3でタイム計測を行わず、10番グリッドからスタートしたディ・レスタは、最終スティントをミディアムタイヤで24周走行し、6位入賞を果たしました。ディ・レスタの直前の5位になったのは、メルセデスのニコ・ロズベルグでした。彼は、Q3で1回のアタックしか行わず、ソフトタイヤを1セット温存していました。

元世界王者、ロータスのキミ・ライコネンは、予選Q3には進出できず、11番グリッドからスタートしました。しかし、彼もまた、数セットの新品タイヤをレース用に温存できたことになります。ライコネンは、この点を活用し、レース中盤から首位のベッテルを猛追しました。この時、ライコネンはミディアムタイヤを、ベッテルはソフトタイヤを装着していました。同一周回でのピットストップ後の最終スティントでは、両ドライバーはミディアムコンパウンドを使用しました。ベッテルは、最終スティント序盤からタイヤをアグレッシブに使い、ライコネンを引き離しました。しかし、対照的にスティント序盤でタイヤをケアしていたライコネンは、終盤、再びベッテルとの差を詰めました。

メルセデスのミハエル・シューマッハも3ストップ戦略を採り、ギアボックス交換ペナルティによる22番グリッドのスタートから、ポイント圏内まで復活してフィニッシュしました。

ピレリジャパン・プレスリリース

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:「我々がこれまでレースを経験していないこのサーキット上で、まさに技術的に厳しいレースが展開されました。多くの戦略を立てることができるように、我々はソフトコンパウンドとミディアムコンパウンドを選択しました。既に予選における戦略からも明らかであったように、デグラデーションがこのレースの重要な要素でしたが、タイヤは、課せられた要求に対して十分に対応していたと思います。レース終盤、ドライバーたちの最優先課題は、タイヤがパフォーマンスの「崖」から落ちないようにすることでした。彼らは、このタスクを非常に良くマネージしていたと思います。コンパウンド間の性能差を縮小させたことにより、今シーズンは接戦となっています。4つのレースで4人の優勝者が登場していることが、それを物語っています。ロータスの両ドライバーが表彰台に上ったことも見事でした。そして、我々のかつてのテストドライバー、ロマン・グロージャンが初めて表彰台を獲得したことは素晴らしいことです。彼は、2010年、我々とともにバーレーンでテストを行っており、その経験が彼にとって役立ったようです。キミについては、我々のラリータイヤからP Zeroレースタイヤへ、移行を完了したようです!」

|

« 計量無視のベルニュ(トロ・ロッソ)はお咎めなし | トップページ | エクレストン氏、スペイン2GP交互開催の可能性認める »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54540259

この記事へのトラックバック一覧です: タイヤがベッテルの勝利の鍵となる :

» F1GPバーレーン(2012 R4) [UKYOのつぶやき]
F1第4戦バーレーンGP! [続きを読む]

受信: 2012/04/23 19:14

« 計量無視のベルニュ(トロ・ロッソ)はお咎めなし | トップページ | エクレストン氏、スペイン2GP交互開催の可能性認める »