« バーレーン連盟会長、「バーレーンGPの安全はヨーロッパ以上」 | トップページ | ザウバー・チーム、フェラーリからの接触を否定 »

2012/04/01

ヤス・マリーナ・サーキット、若手テスト存続を熱望

Yas Marina Circuit Image (C)Ex.Brawn GP F1 Team
拡大します
ここ2年続いたアブダビGP終了後にヤス・マリーナ・サーキットで行われる若手ドライバー対象のF1合同テストだが、既報のように今年はイギリスGP後のシルバーストーン・サーキットに変更されようとしている。
この報を受けたヤス・マリーナ・サーキットでは、なんとか当地での開催が継続されるよう熱望しているようだ。

同サーキットのリチャード・クレガン/CEOは、「われわれはこれまでと同様、アブダビGP終了後のスケジュールを空けて今から準備を整えている。
実際にテストを行なうかどうかはそれぞれのチームが判断することだが、もし現実に行われないとしたら、われわれは大いに失望することだろう」と、地元紙で訴えている。

もしアブダビGP翌週に行われた場合、現場のスタッフが5週連続の作業となることが憂慮されている。

|

« バーレーン連盟会長、「バーレーンGPの安全はヨーロッパ以上」 | トップページ | ザウバー・チーム、フェラーリからの接触を否定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54360077

この記事へのトラックバック一覧です: ヤス・マリーナ・サーキット、若手テスト存続を熱望:

« バーレーン連盟会長、「バーレーンGPの安全はヨーロッパ以上」 | トップページ | ザウバー・チーム、フェラーリからの接触を否定 »