« エクレストン氏、「中止できるのはFIA(国際自動車連盟)だけ」 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「タイヤ温度の管理が難しい」 »

2012/04/21

アル・カリファ王子、「バーレーンGP開催中止考慮にない」

Al Khalifa/Bahrain (C)RedBull Racing
拡大します
バーニー・エクレストン氏が「バーレーンGPを中止にするには主催者がFIAに言うしかない」と名指しされたバーレーンGPの主催者でもあるバーレーン王室のアル・カリファ王子だが、当人はこれについて20日(金)次のように語った。

「われわれにはこのビッグイベントを成功させる力があるし、国民もそれを歓迎している。
不安を煽っているのはごく一部の偏ったメディアだけで、現実にはバーレーン国内はこの国際的イベントを歓迎するムード一色だ。
過激派は世界の注目を集めるため、ことさら派手な行動をしようとしているが、国内は当局により完全に安全が確保されているので心配は無用」として、開催中止の意思が考慮にないことを強調している。

またフォース・インディアのスタッフが巻き込まれたのは地元警察を標的にした抗議活動であって、F1関係者を狙ったものではないともしている。

|

« エクレストン氏、「中止できるのはFIA(国際自動車連盟)だけ」 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「タイヤ温度の管理が難しい」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54522559

この記事へのトラックバック一覧です: アル・カリファ王子、「バーレーンGP開催中止考慮にない」:

« エクレストン氏、「中止できるのはFIA(国際自動車連盟)だけ」 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「タイヤ温度の管理が難しい」 »