« タイヤから見た中国GP ソフトとミディアム、中国の高速コーナーへ挑む | トップページ | ライコネン(ロータス)、「中国でもスピード示す」 »

2012/04/08

FIA(国際自動車連盟)、なおも「バーレーン情勢注視」

Bahrain Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
すでにFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)と共に今年のバーレーンGP復活開催にゴーサインを出しているFIA(国際自動車連盟)だが、このところ再び国内情勢が悪化していることを憂慮、慎重に情勢を見極めていることを明らかにした。

これはイギリスの『ロイター通信』が伝えたもので、それによればFIAは在外大使館等の外交ルートや、現地バーレーンの主催者であるBIC(バーレーン国際サーキット)らと緊密な連絡を取っているとのこと。

先頃まで「バーレーンGPの安全性は問題ない」としていたかつてGPDA(F1ドライバー団体)の代表だった元チャンピオン、デイモン・ヒル氏も、「バーレーンへの渡航は慎重にすべき」とその姿勢を変更している。

|

« タイヤから見た中国GP ソフトとミディアム、中国の高速コーナーへ挑む | トップページ | ライコネン(ロータス)、「中国でもスピード示す」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54417618

この記事へのトラックバック一覧です: FIA(国際自動車連盟)、なおも「バーレーン情勢注視」:

» 国際自動車 評判 [あっ!と驚く業界ニュースー芸能・経済情報]
----[PR]--------------------------------------------------クリックするだけでネットで稼ぐ手法がタダで見れます。もしかしてこれって流出なのかな(汗)→ そのうち見られなくなっちゃうかも?------------------------------------------------[PR]------FIA(国際自動車連盟)、なおも「バーレーン情勢注視」: FMotorsports F1 すでにFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)と共に... [続きを読む]

受信: 2012/04/08 11:28

« タイヤから見た中国GP ソフトとミディアム、中国の高速コーナーへ挑む | トップページ | ライコネン(ロータス)、「中国でもスピード示す」 »