« ロズベルグ(メルセデスAMG)、ついにF1初勝利を記録 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「残念なレース結果」 »

2012/04/16

優勝のメルセデスAMGチームに罰金が科せられる

Michael Schumacher (C)Mercedes Motorsports
拡大します
中国GPのレーススチュワード(競技審査委員)は、15日(日)行われた決勝レース中に起きたミハエル・シューマッハのマシンのトラブルについて、チームに責任があるとして5千ユーロ(約53万円)の罰金を科したことを明らかにした。

これは上位走行中、最初のタイヤ交換のためピットインしたシューマッハのマシンが右フロントタイヤの締め付けが不十分なまま発進、周囲に危険な状況を作り出したというもの。
スチュワードはチームを罰する一方で、「異変に気付いたドライバーは直ちにマシンをコースオフさせて停止した」と、その判断にわざわざ言及もしている。

同チームでは2010年のハンガリーGPでもロズベルグのマシンで同様のタイヤ脱落事故を起こしているが、しかしながらこの時の罰金が5万ドル(当時約435万円)だったことを考えるとその違いは顕著だ。

|

« ロズベルグ(メルセデスAMG)、ついにF1初勝利を記録 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「残念なレース結果」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 優勝のメルセデスAMGチームに罰金が科せられる:

» F1中国GP(2012 R3) [UKYOのつぶやき]
F1第3戦中国GP! [続きを読む]

受信: 2012/04/17 21:24

« ロズベルグ(メルセデスAMG)、ついにF1初勝利を記録 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「残念なレース結果」 »