« ハミルトン(マクラーレン)、ムジェロテスト参加の意向 | トップページ | 不運続きのシューマッハ(メルセデス)、ピレリタイヤを批判 »

2012/04/25

フェラーリ・チーム首脳、序盤4戦の戦績に「安堵」

Stefano Domenicali (C)Ferrari S.p.A
拡大します
フェラーリ・チームのステファーノ・ドメニカリ代表は、バーレーンGPまでの今季開幕4戦を終え、「まずまずの戦いができた」とその戦績を評価した。

同チームの今季マシン『F2012』はすでに失敗作とのレッテルが貼られ、早急な対策が必要と言われ続けてきた。
しかしスケジュール的にヨーロッパGPのスタートであるスペインGP(5月13日決勝)までは忍耐の時期とみられていたもの。

アロンソはそれでも4戦すべてでポイント獲得、第2戦のマレーシアでは天候などの条件はあったもののみごと今季初勝利を記録した。
一方、マッサは大苦戦。
今季まだ一度も予選でトップ10入りができない上にノーポイントのレースが続いていたが、やっと先の第4戦で9位入賞を果たした。

やっとドメニカリ代表の顔に笑みがみられたが、これまで幾多の波を乗り越えてきた名門跳ね馬チーム、今年はどうなるのか注目だ。

|

« ハミルトン(マクラーレン)、ムジェロテスト参加の意向 | トップページ | 不運続きのシューマッハ(メルセデス)、ピレリタイヤを批判 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54554164

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ・チーム首脳、序盤4戦の戦績に「安堵」:

« ハミルトン(マクラーレン)、ムジェロテスト参加の意向 | トップページ | 不運続きのシューマッハ(メルセデス)、ピレリタイヤを批判 »