« ロズベルグ、ピレリP Zeroイエロー・ソフトでトップに | トップページ | 予選Q1、なんとシューマッハ(メルセデスAMG)が脱落 »

2012/04/21

フリー走行3回目もロズベルグ(メルセデスAMG)が最速

Nico Rosberg (C)Mercedes Motorsports
拡大します
21日(土)行われたバーレーンGPのフリー走行3回目セッションは、前日に続き好調のニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)がトップタイムを記録してみせた。
相変わらずダスティで滑りやすいコンディションで始まったフリー走行だが、次第コンディションも改善されてタイムもアップ。
前日のものには及びなかったものの、ベストタイムは1'33.254を記録している。

2-3番手にはやっと復活してきたかベッテル&ウェバーのレッドブル勢が続き、さらにハミルトン(マクラーレン)、シューマッハ(メルセデスAMG)、バトン(マクラーレン)、ライコネン(ロータス)、リカルド(トロ・ロッソ)、グロージャン(ロータス)、そしてアロンソ(フェラーリ)と続いた。
ザウバー・チームはペレス13番手、小林可夢偉14番手といまいちスピードに乗れない模様。
またフェラーリのマッサは16番手と相変わらずの苦戦が続いているようだ。

このセッションの107%タイムは1'39.781で、これは最後尾のカーティケヤン(HRT:1'39.221)もクリアしている。

バーレーンGP:フリー走行3回目の結果はこちら
バーレーンGP画像はこちら

|

« ロズベルグ、ピレリP Zeroイエロー・ソフトでトップに | トップページ | 予選Q1、なんとシューマッハ(メルセデスAMG)が脱落 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/54526216

この記事へのトラックバック一覧です: フリー走行3回目もロズベルグ(メルセデスAMG)が最速:

« ロズベルグ、ピレリP Zeroイエロー・ソフトでトップに | トップページ | 予選Q1、なんとシューマッハ(メルセデスAMG)が脱落 »